興津弥五右衛門の遺書おきつやごえもんのいしょ
某儀明日年来の宿望相達し候て、妙解院殿(松向寺殿)御墓前において首尾よく切腹いたし候事と相成り候。しかれば子孫のため事の顛末書き残しおきたく、京都なる弟又次郎宅において筆を取り候。 某祖父は興津右兵衛景通と申候。永正十一(十七)年駿河国興津 …
作品に特徴的な語句
たもう おき おおせ ゆく めあわ もうす 行歩ぎょうほ 御代おんだい 奉仕つかえたてまつり いだ 坂下さかのした 御出おんいで とど つら 祖父そふ ちち のぼる にほ もうし こうむ 御取おんと 御供おんとも あた むな おお つかわ 朔日さくじつ そうら あて ちゃく 相識そうしき けん かか ほまれ 取計とりはからい 御役おんやく 御手おんて 御供おとも 御旨おんむね 御歌おんうた 御用おんもち たび 罷越まかりこ もも おぼ 宿望しゅくもう 臨場りんじょう ねんごろ 所為しょい 相詰あいつ 相伝あいつた ぬきん 見聞みきき 召抱めしかか もう ほう むね 再造さいぞう ながれ よう 先立さきだち さら せき 有之これある きずつ そろ 追腹おひばら さむらい 郭公ほととぎす あわ すゑ それがし 脇差わきざし 番方ばんかた 永禄えいろく 法名ほうみょう 流浪るろう けが 清見きよみ 渭津いのつ 立会たちあい 物頭ものがしら かしこ 申条もうしじょう さかずき 甲冑かっちゅう 相役あいやく よし 珍品ちんぴん みぎり しか 熊喜くまき 磯田いそだ 祭祀さいし