“夜学”の読み方と例文
旧字:夜學
読み方割合
やがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、東京へきてから、ある素人家の二間借りをしました。そして、昼間役所へつとめて、は、夜学ったのであります。
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
するとおはもう得意らしく、「学校は夏休みですがね、遊ばしといちやいけないと思つて本郷まで夜学にやります。」
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ぼくのうちは、貧乏だし、なかなか学校へいかれない。来年のおじさんの奉公して、夜学勉強をするつもりだ。
空にわく金色の雲 (新字新仮名) / 小川未明(著)