空にわく金色の雲そらにわくきんいろのくも
道であった、顔見知りの人は、みすぼらしい正吉の母にむかって、 「よく、女手ひとつで、むすこさんを、これまでになさった。」と、いって、うしろについてくる正吉を見ながら、正吉の母をほめるのでした。 しかし、心から感心するように見せても、じつは母 …
作品に特徴的な語句
うえ ゆび らく ねつ 画家がか しん 両親りょうしん なか ぐち ごえ そと 女手おんなで いえ きゅう ほう にち 明日あした しょう 武夫たけお はは 水薬みずぐすり 生活せいかつ 競走きょうそう はな 金色きんいろ もん おと あたま ひと 一人ひとり 上等じょうとう した 不安ふあん 世間せけん 乳飲ちの 二人ふたり ひと 人事ひとごと 人形にんぎょう 人間にんげん 今夜こんや 仕事しごと やす しん 傷口きずぐち 元気げんき 先生せんせい ひかり 入院にゅういん まえ ちから 努力どりょく 勉強べんきょう 医者いしゃ 卒業そつぎょう あつ はら とも だい 名誉めいよ 名高なだか しな 品物しなもの 困難こんなん 図画ずが くに なつ 夜学やがく ゆめ おお 奉公ほうこう おんな 姿すがた 子供こども 学校がっこう やす 安心あんしん うち ちい かわ みせ よわ 当惑とうわく かたち 後悔こうかい