“厚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あつ91.4%
あつく2.5%
あつさ2.5%
あつき1.2%
こう1.2%
あつし1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
許され代々村長役たるべき旨仰付られしかばび物にん方なく三浦屋の主人并びに井戸源次郎を始め其事に立障りし人々にく禮を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
して問るべし第一に天一坊の面部はれしは存外の事をつる相にて人を僞るの氣なり又眼中に殺伐の氣あり是は他人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鬼と見て我を御頼か、金輪奈落其様な義は御免ると、心清き男の強く云うをお辰聞ながら、櫛を手にして見れば、ても美しくたり、一分に足らず、幅はく二分
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
地寒のよわきとつよきとによりてとのし。天に温冷熱の三あるは、人の臓腑すると道理也。気中万物生育く天地の気格ふゆゑ也。
蘭軒は二児榛軒、柏軒を除く外、を以て称してゐる。その人物の明白なるものは森立之、字は立夫、岡西徳瑛、字は君瑤の二人に過ぎない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
姉さんとお前とに、五万円つていふんだらう。
世帯休業 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)