“厚意”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうい70.6%
かうゐ5.9%
こころ5.9%
こころざし5.9%
こゝろざし5.9%
なさけ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りかゝつた見知越の、みうらと書店厚意で、茣蓙二枚と、番傘りて、きまはす這々つてた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
朝夕黄金丸が傍にきて、何くれとなく忠実に働くにぞ、黄金丸もその厚意し、て使ひけるが、もとこの阿駒といふ鼠は、去る香具師に飼はれて、種々の芸を仕込まれ
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
... さればわれその厚意で、おつつけ彼の黒衣とやらんをて、爾がためにがん。心安く成仏せよ」「こは有難き御命かな。かくては思ひ置くこともなし、くわが咽喉みたまへ」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
女中で。……女中ふ。——臺所から葡萄酒二罎持出すとふにつては生命がけである。けちにへた正宗臺所れた。葡萄酒安値いのだが、厚意高價い。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その以前からの縁で、お絹にも厚意を受けた。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)