“成仏”のいろいろな読み方と例文
旧字:成佛
読み方割合
じょうぶつ93.5%
じやうぶつ6.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兎も角もそのお住の得脱成仏するように、仏事供養を営むが可かろうという事に一決して、一同その墓所へ参詣し、懇切に回向した。
お住の霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この世で貧苦にいためつけられ、一生うだつのあがらない人たちは、せめて安楽往生、来世での成仏ということに頼りたくなる。
我等の内にある一切のものはいやが上にも伸ばさねばならぬ。それが我等に与へられた、唯一成仏の道である。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
はんとする山猿よ、無芸無能もたれ総身智恵りかぬるよ、狼狽よ、白粉せて成仏せん艶治郎
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)