“須弥山”のいろいろな読み方と例文
旧字:須彌山
読み方割合
しゅみせん87.5%
しゆみせん6.3%
シュミセン6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
須弥山上なお幾万由旬の高き所に一大都城を開き、理想その帝王となり、物心の二大臣をこの世界にくだし、千万無量の諸象を支配せしむ。
妖怪学 (新字新仮名) / 井上円了(著)
信ずるものに対しては、いかなる疑惑も、いかなる悪魔もその力を揮ふことが出来ない。さうすれば我の中に世界の人間がある。芥子の中に須弥山があるのである。
解脱非解脱 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
ちなみに須弥山は蘇迷盧、妙高山などとも訳され、原音のスメルーは今ジャワ第一の高峯がその名を冐している。この彫画は天平創建当時のものである。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)