“須弥”の読み方と例文
旧字:須彌
読み方割合
しゅみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
須弥四洲のうち最もれて結構な処の意で、もと婆羅門教で諸神諸聖の住処をかく名づけたのが仏教に移ったらしい。
須弥三十三天をって、その主天とし、以下四天王を一楼一楼に組み、その一つを多聞天の閣とよび、多聞櫓を築き出している。総五重層の楼である。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
台坐には、十一坐、九重坐、七重坐、蓮坐、荷葉坐、多羅葉坐、坐、雲坐、須弥坐、獅子吼坐、円坐、雷盤坐等で、壇には護摩壇、須弥壇、円壇等がある。