“須彌”の読み方と例文
新字:須弥
読み方割合
しゆみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがてつてなき樣子はるゝと後言けらし、須彌たつもとの、其當時しいはゞや、につらぬくこのにもけり
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
須彌三十二月毛
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
すべけれどもに一ツの難儀といふは師匠の口から彼者は幼年の内斯樣々々にて某し養育せし者なりと云るゝ時は折角も急ちるゝに相違なし七歳より十二歳まで六ヶ年が其間養育の恩は須彌よりも高く滄海よりも深しと雖ども我大望には替難し此上は是非に及ばず不便ながらも師匠の感應院を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)