孔雀船くじゃくぶね
故郷の山に眠れる母の靈に 阿古屋の珠は年古りて其うるみいよいよ深くその色ますます美はしといへり。わがうた詞拙く節おどろおどろしく、十年經て光失せ、二十年すぎて香去り、今はたその姿大方散りぼひたり。昔上田秋成は年頃いたづきける書深き井の底に沈 …
作品に特徴的な語句
いく きそ すさ いつ まけ はえ いたづき かうぶ 女王めぎみ かを にほ あら かぐ 逆上さかあ 童子わらは こひぢ まじは ちやう ゑがい つぎ なき 陽炎かぎろ なつ こや うま いう おば あざら ぎやう しゝ おぢ ぢやう はづ たり うま ぐわい 形容かたどつ にほひ むせ うつ ひま たを きぬ 紙片かみびら ちゆう 十年とゝせ おのづか わた 若人わかびと なんぢ かぶり あゆみ きは 女房にようぼ しよく さかしま しよ 微笑ほゝゑみ 微妙みめう ちぎ うへ せき いつ かは 脈搏みやくう しほ 漁夫いさりを 一枝ひとえ あら 色彩いろあや 功名いさを やはら まど まへ はぢ 退しりぞ まう 土産つど ぎやく しゆ 破壞はゑ いだ 執心しゆうしん こほ かけ はゝ はづ つゝ 武士ものゝふ 大地おほづち