“畫”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
41.8%
ゑが27.3%
12.7%
ぐわ3.6%
3.6%
1.8%
かく1.8%
くわく1.8%
ひる1.8%
ゑがい1.8%
ゑがき1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで衆人心持は、せめてでなりと志村一として、岡本鼻柱いてやれといふであつた。自分はよく消息してた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
(い)より足首迄の間に一行より五六行位の横線きたるもの。是等の中にはましたるも有り亦朱にてりたるも有り。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
山は盛り上がつたのかも知れないが、それを圍む線は少くも上から一條に、また一呼吸にき下されたのだといふ感じがいつもされた。
霧の旅 (旧字旧仮名) / 吉江喬松(著)
かうれてるうちにも自分は、彼奴何時にチヨークつたらう、何人彼奴へたらうとればかりけた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
數多い柱や、廊の立ち續く姿が、目赫くばかり、朱でみあげられた。むら/\と靉くものは、紺青の雲である。紫雲は一筋長くたなびいて、中央根本堂とも見える屋の上から、きおろされた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
またあのヨーロッパの舊石器時代大昔のように、洞穴いたすばらしい動物などはまったくなく、たゞ銅鐸してある簡單子供いたような
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
つて、それがする舊貝塚(といふもだが)ともはれぬ。何故ならば、じて、細密かれたる貝殼が、貝層中に一して、してるからである。
はすと、い、翡翠とかいてね、おたち……たちぢやあ他樣失禮だ……おなぞがしがるとおんなじだ。」
鳥影 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
宗助るべく叔母んで、其日げてつた。晩食御米一所縁側て、白地浴衣べて、みながら、をした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
てならざればすと云が如く似て非なる者の間違ひ安き所なり因て篤と糺明せざれば無實に人を殺す事往々あり是等は此上もなき天のむ處なり餘り嚴敷拷問に掛らるれば所詮斯る苦痛
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)