“貝殼”のいろいろな読み方と例文
新字:貝殻
読み方割合
かひがら90.0%
かいがら10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また貝殼一方しかないといふことは、自然にたまつたものでなく、つてをすてたものであるといふほかはないのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
八木奬三郎氏の實見談に據れば此岡の麓には今尚ほ貝殼點々散布して、曾て一大貝塚有りし證跡を留むと云ふ。此地海岸をる事凡一里。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
はまぐりの如き貝殼は自然に皿形を成し、且つ相對する者二枚を合する時と身との部さへはるが故に物をふる器とするにしたり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
貝塚發見物中に猪の牙をらしたるが如き形のもの有り。其用は未だ詳ならざれど、明かに貝殼の一つなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)