“貝殻”のいろいろな読み方と例文
旧字:貝殼
読み方割合
かいがら85.7%
かひがら14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左手の渚には、波がやさしい稲妻のように燃えて寄せ、右手の崖には、いちめん銀や貝殻でこさえたようなすすきのがゆれたのです。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
海の底に一つ沈んでぎらっと光る貝殻のように、床の上で影の中に物すごく横たわっている鏡を取り上げてふところに入れた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
三人の王女は草の上につて、ふさ/\した金の髪を、貝殻ですいて、忘れなぐさや、百合の花を、一ぱい、飾りにさしました。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
それと共に、花のない桜の木には、貝殻のやうな花がさいた。あけ方の半透明な光にあふれた空にも、青ざめたいろの日輪が、さし昇つた。
かちかち山 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)