“稲妻”のいろいろな読み方と例文
旧字:稻妻
読み方割合
いなずま77.8%
いなづま22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時水色のしい光の外套を着た稲妻が、向うからギラッとひらめいて飛んで来ました。そして童子たちに手をついて申しました。
双子の星 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
遠くで稲妻のする空の下を、修理の屋敷へ帰りながら、宇左衛門は悄然と腕を組んで、こんな事を何度となく胸の中で繰り返えした。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
白刃えたような稲妻断間なく雲間き、それにつれてどっとりしきる大粒は、さながらのように人々ちました。
雨が少し小止みになって、雷が激しくなってきますと、ぴかりとする稲妻蒼白い光りを受けて、濡れた金の日の丸が、なお一層輝いてきました。
雷神の珠 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)