“松虫”の読み方と例文
旧字:松蟲
読み方割合
まつむし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大笊円袖掻寄せ、湖の水の星あかりに口を向けて、松虫なんぞをるやうにの底を、ぐわさ/\と爪で掻くと、手足を縮めてすくまつた、だらけのい屑屋が、ころりと出た。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
御前川上、わしゃ川下で……」とを洗う門口に、をかくす手拭の重きを脱げば、「大文字」が見える。「松虫」も「鈴虫」も幾代の春を苔蒸して、の鳴くべきに、墓ばかりは残っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
松虫鈴虫
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)