“虫籠”の読み方と例文
読み方割合
むしかご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これやあ、城とも呼べない小城じゃないか。陪臣者の佐久間の家来が住むにはかっこうな虫籠だ。踏みつぶすには、半刻ともかかるまい」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
楢茸湿地茸も少しは立つ。秋はさながらの虫籠で、松虫鈴虫の好いはないが、轡虫などは喧しい程で、ともすれば家の中まで舞い込んでわめき立てる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
枝にはまだ熟しない云訳ほどって、その一本のの所に、虫籠がかかっていた。その下にはせた鶏が二三羽むやみに爪を立てた地面の中をえたでつついていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)