“露霜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つゆじも55.6%
つゆしも33.3%
ツユジモ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けどけどはぬいもゆゑひさかたのあめ露霜つゆじもれにけるかも 〔巻十一・二三九五〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
或いは「露霜つゆじもの小村にかねたたき入る」という念仏旅行者の物悲しさ、さては万日千日の群衆心理、里の祭の日にばかりよみがえった童心など
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
この葉は露霜つゆじもも落すことは出来ない。
わが散文詩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
露霜つゆじもにわれのへてこし艸の路
一点鐘 (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
置く露霜つゆじもに得もへず
露霜つゆしもいためられて、さびにさびたのこりの草花に、いいがたきあわれを感じて、主人はなんとなしかなしくなった。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
露霜つゆしもりてめげたれど
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
野の秋更けて、露霜つゆしも
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
人麻呂の長歌に「露霜ツユジモの消なば消ぬべく、行く鳥の争ふはしに」(万葉巻二)といふ句がある。
古代中世言語論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)