“白南風”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらはえ57.1%
しらばえ42.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白南風光葉の野薔薇過ぎにけりかはづのこゑも田にしめりつつ
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
白南風や風吹もどすの羽織 沙明
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
玄土のなじまぬ土の畑つもの遲れたり白南風を而も
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
玄土のなじまぬ土の畑つもの遅れたり白南風を而も
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)