“西南風”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ならい33.3%
にしばえ33.3%
ひかた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“西南風”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ヒマラヤ・カラコルムに吹きつける、狂暴な西南風ならい
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
昨日きのうの朝の西南風にしばえなら一先ず六連沖むつれおきへ出て、日本海にマギリ込みましょう。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
沖辺より西南風ひかたふくらし南の海日にけに川の水の涸れゆく
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)