礼厳法師歌集れいごんほうしかしゅう
禮嚴法師歌集の初にしるしおく文。 一、今年八月十七日は父の十三囘忌辰なれば、かねて兄達に謀りて、父の歌集一巻を刷物とし、紀念のため、有縁の人人に供養せんは如何にと言へば、皆よしと言ひつ。さてその歌は寛に編めよと兄達の命じければ、父が若き頃よ …
作品に特徴的な語句
わた 兄弟えおと おすひ いら ふけ 夕食ゆふけ うづも めぐ 眼前まさか すぐ 食物をしもの くた ゆき よそ うへ 左右かにかく すゐ をろが たか 九日ここのつか まみ かばね 貴人うまびと おと いつはり 小竹しぬ 本性うぶ みの かざ いだ かこ おは かな 怨言かごと 昨夜よべ 長人ながびと 蜘蛛ささがに やつこ 大王おほぎみ 蓮葉はちすば むくい わらは いにしへ くちそそ いひ 何処いづこ くら いた 翡翠かはせみ つめた のが くう かご おそ ちかひ こと 人声こわ つの ほだし ぼに かひ もち 男子をのこ とどこほ 本間このま 冥路よみ かはづ いさを わづら きは うれ はだへ 周防すは 肉食ししむらは 荒磯ありそ おも あか ふる ため 潔斎いもゐ 水層みかさ みぞ 言挙ことあげ あら