“雷雨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らいう87.5%
ゆうだち12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれぐらい昨日きのうまでしっかりしていたのに、明方あけがたはげしい雷雨らいうからさっきまでにほとんど半分倒れてしまった。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
どうやら雷雨らいうが来そうな模様で、黒い雨雲がきだして空をい、しきりにそのもやもやした輪郭りんかくを変えていた。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
はたしてもなく雷雨らいうは、ぬぐうがごとみ、やまうえれた、おだやかな最初さいしょ景色けしきもどりました。
はげしい雷雨らいうたれ、そののち明石あかしはまかへされ
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
勿論もちろん人死ひとじにが出来、家は雷雨らいうの中に焔々えんえんと燃えあがりました。
科学が臍を曲げた話 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)
彼は雷雨ゆうだちになると、何もかぶらずに庭へ駈け出す子供だった。
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「あなたでしたの。もう雷雨ゆうだちはやんで?」
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)