“流星”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りゅうせい44.4%
りうせい27.8%
ながれぼし22.2%
すばるぼし5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
クリストフがいる小さなを、ある晩、流星のように通りすぎていったえらい音楽家は、クリストフの精神にきっぱりした影響を与えた。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)
しい、ではよく眩惑されます、貴下屹度流星ぶのでもたのでせう。』とビールのやうな突出して
一杯雛壇のやうな台を置いて、ど薄暗いのに、三方黒布張廻した、壇の附元に、流星髑髏びたに似たものを、点々並べたのはである。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
流星血を引き消ゆるなやましさ。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)