“鶏頭”のいろいろな読み方と例文
旧字:鷄頭
読み方割合
けいとう92.9%
とさか7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桔梗女郎花のたぐいはあまり愛らしくない。私の最も愛するのは、へちまと百日草と、それに次いでは日まわりと鶏頭である。
我家の園芸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
庭にはサボテン、鶏頭、ゼラニューム、その他の花が咲いている。茶を飲みながら、五郎は主人に弁当を頼んだ。主人は承諾して言った。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
鶏頭が莫迦に光る、それかと言つてくわつと光つた外光の中に何かしら厭な陰気さが嘲笑つてでもゐるやうに、赤い鶏頭が眼にみる、茎が戦ぐ、その根元から小さい蜥蜴が走り出す。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
訶和郎は石塊を抱き上げると、起き上ろうとする荒甲の頭を目蒐けて投げつけた。荒甲の田虫は眼球と一緒に飛び散った。そうして、芒の茎にたかると、濡れた鶏頭のようにひらひらとゆらめいた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)