“けいとう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鶏頭57.4%
雞頭10.6%
系統8.5%
刑刀4.3%
雁来紅4.3%
鷄頭4.3%
京東2.1%
傾倒2.1%
挂塔2.1%
継統2.1%
茎頭2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭にはサボテン、鶏頭、ゼラニューム、その他の花が咲いている。茶を飲みながら、五郎は主人に弁当を頼んだ。主人は承諾して言った。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
庭先の雞頭葉雞頭にさへ霧かかりて少し遠きは紅の薄く見えたる、珍しき大霧なり。余は西枕にて、ガラス戸にやや背を向けながら、今母が枕もとに置きし新聞を取りて臥しながら読む。
明治卅三年十月十五日記事 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
その東の空はもう白くえていました。私は天の子供らのひだのつけようからそのガンダーラ系統なのを知りました。
インドラの網 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「しかし、或いはもう今頃は、郁次郎殿をひき出して、刑刀としてしまったかも分りませぬ」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その夥多しい石塔を、つうなづくへて、のほり、のほりと、巨佛濡佛錫杖をもたせ、にうつき、圓光いで、尾花に、鷄頭
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
右相丞鄭雍の甥の鄭某は拱州に住んでいた。その頃、京東は大饑饉で、四方へ流浪して行く窮民が毎日つづいてその門前を通った。
いやしくも文芸にたずさわる以上、だれでもぜひ一所懸命になってこれに全精神を傾倒せねばだめであるとはいわない。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
挂塔されたのが、去年の霜月であったから、安居はまだ半年に及んだばかりであったけれども、惟念の念頭からは、諸々の妄念が、洗わるるごとくに消えて行った。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
将来此ノ憲法ノル条章ヲ改定スルノ必要ナル時宜ヲ見ルニ至ラハ朕及朕カ継統ノ子孫ハ発議ノ権ヲリ之ヲ議会ニ付シ議会ハ此ノ憲法ニ定メタル要件ニ依リ之ヲ議決スルノ朕カ子孫及臣民ハテ之カ紛更ヲ試ミルコトヲ得サルヘシ
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
市街を離れて里許、不二の裾野は、虫声にも色あり、そよ吹く風にも色あり、色のを花といふ、金色星の、下界に下りて、茎頭に宿りたる如き女郎花、一輪深きの色とうたはれけむ朝顔の
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)