“のめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
31.7%
前倒14.6%
9.8%
4.9%
4.9%
4.9%
4.9%
2.4%
2.4%
2.4%
伏倒2.4%
2.4%
2.4%
傾倒2.4%
前屈2.4%
2.4%
2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最初のやうな、若しくはそれに類似した少し激しい震動が来るならば、いつでもぐしやりと地にしさうに思はれた。
余震の一夜 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
ダガ、もう薬が廻ってきたのであろうか、体には全然力がなく、不甲斐なくも、その儘床に前倒ってしまったのだ。
魔像 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
大勢つてつてを三つも四つもしアがつて、揚句のはてに突飛ばされたが、悪いところに石があつたので、摺剥いて血が大層出るからのう……。
「あばれたにも何も、一体名代の代物でごぜえしょう、そいつがおさん、盲目滅法界に飛出したんで、はっと思う途端に真俯向ったでさ。」
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
立つ時は足に感覚がなくなつてゐて、危く前にらうとしたのを、これもフラフラしたお八重に抱きついて、互ひに辛さうな笑ひを洩らした。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
侍「イヽヤ勘弁相成らん、不埓至極の奴だ、往来の妨げをして、侍たる者の袴へコレ此の通り泥を附けて、拙者の折屈を突いたからったのだ、勘弁相成らんから八山へ参れ、斬殺して遣るから」
馴れない方がウッカリ凭懸ると、前の方にる事がありますよ。
画工と幽霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
奪ひ取り行掛駄賃にしてんと獨り笑壺入相ともに江戸を立出で品川宿の相摸屋へ上りへとざんざめきしが一寸に入り子刻相※に相摸屋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見て是は/\手厚土産何よりの好物澤山まれ千萬けなし清兵衞貴樣の店の酒を飮では外の酒は一結構々々と大いに直樣調理酒宴にこそは及びけれ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と突飛ばすと、閑耕のった身体が、縁側で、はあはあ夢中になって体操のような手つきでいた英吉に倒れかかって、脚がんでう処へ、チャブ台の鉢を取って、ばらり天窓から豆を浴びせた。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
るがごとく、主税がはたと両手を支いた。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
せしがへと調子づき追々亂酒になり夜に入ると雖も猶更に各自謠ひ淨瑠璃にだみ聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ながらまで連て來れば此方のものだ捨賣にしても年一ぱい五六十兩が物はある路用も十兩や十五兩はあるに相違なし其外衣類大小迄ひとらば何でも小百兩の仕事だで甘い酒がる悦べ/\と
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
兎も角も、お蔭さまで助かりますと、片肘に身を持たせて吸筒の紐をにかかったが、ふッと中心を失って今は恩人の死骸の胸へ伏倒りかかった。如何にも死人い匂がもうと鼻に来る。
前伏に、つて、弱腰折重ねた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのまま前りに転がった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
向脛掻払って、ぎゃっと傾倒らしてくれますわ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
間もなく、息せき切ったベエコンが、前屈るようにグリイン氏の室へ突き込まれて来た。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
よびとゞめ、熊に助られしとは珍説也語りて聞せ給へといひしに、主人が前に在し茶盌をとりてまづ一盃とて酒を満盌とつぎければ
生憎大風が出て来て、位のを三つ挙げた丈で、小一日暮らし、さて夕刻らうとすると、車は風に吹き飛ばされたと見え、脇の泥堀の中へツてたです。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)