“向脛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むこうずね81.6%
むかはぎ13.2%
むかうずね2.6%
むこうすね2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
沖の方を向いて立っていると、の所で足がくの字に曲りそうになります。陸の方を向いていると向脛にあたる水が痛い位でした。
溺れかけた兄妹 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
ゆる荒熊と一しょにもがれう、にも幽閉められう、から/\と骸骨向脛ばんだのない髑髏夜々らうと。
え、をするんだ。妻「向脛の毛が多過るから三いたつていや、痛いと思つたらたアくだらう。亭「アえ。妻「痛いと思つたら、女房しくてえのを思出すだらう。 ...
八百屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「やや、なんだ、鉄棒かとおもったら、この安もののステッキが、俺の向脛をぐりぐりぶったたいていたんだ。けしからんステッキだ」
太平洋魔城 (新字新仮名) / 海野十三(著)