“向島”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むこうじま83.7%
むかうじま9.3%
むかふじま5.8%
うわて1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可笑かったのは、花時向島高櫓を組んで、墨田の花を一目に見せようという計画でしたが、これは余り人が這入りませんでした。
江戸か東京か (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
向島武蔵屋奥座敷閑静からう、丁度桜花も散つてうた四廿一ごろと決したが、其披露文書方が誠に面白い。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
感歓まりて涙にばれしもあるべし、人を押分くるやうにしてく車を向島までやりしが、長命寺より四五此方にてもならず
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
お前さんに誘い出されて向島くんだりへ往ってさ、二晩や三晩を明けた事も有ります、それもいけど、あんな人のだからお前さんと遊ぶにも、お前さんだって有り余る身代じゃアなし
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)