画工と幽霊がこうとゆうれい
千八百八十四年、英国倫敦発刊の某雑誌に「最も奇なる、実に驚くべき怪談」と題して、頗る小説的の一種の妖怪談を掲載し、この世界の上には人間の想像すべからざる秘密又は不思議が存在しているに相違ない、これが即ち其の最も信ずべき有力の証拠であると称し …
作品に特徴的な語句
わたく 後妻にどぞい あつか おの さき まる 端緒いちぐち じれ のめ ひま どう しん いで 習慣ならい 賞讃ほめはや 加之しか ひやや ぐさ 昔語むかしかたり 面色いろ うみ ちがい 嚆矢はじめて よう 当時いま はな 彷彿ちらつ 彼方あなた いで しか かか 機会はずみ ある とぼ こぼ かえ かわ もし 高尚けだか 所謂いわゆ 如何いかが はじま はな ただ いよい 先刻せんこく 繁茂しげ 悠々ゆるゆる しん おもい ねむり 内證ないしょう 眼眩まばゆ つき 以前まえ たく あり おこ すま 夜中やちゅう しつ 容貌きりょう 気質きだて つい 本夫おっと 紀念きねん すで 怪異あやしみ 画工がこう たたみ 疑惑うたがい 一個ひとり あが てら なる すぐ 慄然ぞっ きこ あか 引払ひきはら 浅猿あさまし すず ひま 普通なみ くら 真逆まっさか 星明ほしあかり