“鱮”の読み方と例文
読み方割合
たなご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盛装の腰元に付けさせ、二寸足らずの青鱚を釣って、悦に入ったというに至っては、有閑無為の人達の贅が馬鹿馬鹿しくも気の毒になります。
『鮒ですよ。は小さくて相手に足りないし、沙魚も好いですが、暴風が怖いので……。』と、三種を挙げて答へぬ。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
この青鱚釣りともうしますのは、寛文のころ、五大力仁平という人が釣ったのがはじめだとされているんでございまして、春の鮒の乗ッ込釣り、秋ののしび釣り、冬の釣りと加えて
顎十郎捕物帳:04 鎌いたち (新字新仮名) / 久生十蘭(著)