“沙魚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はぜ95.2%
ふか4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僅かに小型の縞鯛、小けいづ、さより、沙魚などばかり釣れるもので、釣り人はいずれも竿を投げうち、腕をいて不漁を歎じていた。
姫柚子の讃 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
此の時、宛も下婢の持ち出でゝ、膳の脇に据えたるは、鮒の甘露煮と焼沙魚の三杯酢なりしかば、主人は、ずツと反身になり
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
るに一大事件つた。それはでもない、吾等生命沙魚がそろ/\腐敗めたである。
浮気な沙魚めにや逃げられる
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)