“一大”の読み方と例文
読み方割合
いちだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
弦月丸して鍼路をば故意此方猛進してるのである、一、二、三一大衝突かれぬ運命
㓐別川クンボベツ川斗満川の相会する㓐別谷を東のトマリとして南に折れ、三川合して名をあらためて利別川の谷を下って上利別原野の一部に及び、云わば一大鎌状をなして、東西四里、南北一里余
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「鎮まれ。親しき一大。」2300