“鯊”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はぜ88.9%
さめ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鯊”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟4.5%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.4%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
ノルマン風の犬歯状の模様が、巨大なはぜの口に似たある感じを与えて、底知れぬ暗さのうちに、アーチ中にかすかに残っていた。
眼玉の飛び出たひれの長い八尺あまりのはぜのような魚がひれで木の幹をじながら悲しそうに鳴いているのであった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
狼の頭、豹の頭、さめの頭、蟒蛇うわばみの頭、蜥蜴とかげの頭、鷲の頭、ふくろの頭、わにの頭、――恐ろしい物の集会である。
主人の足裏あしうらさめあごの様に幾重いくえひだをなして口をあいた。