“夏蜜柑”の読み方と例文
読み方割合
なつみかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「はあ、私もお相手を致しますから、一盃召上りましよ。氷を取りに遣りまして——夏蜜柑でもきませう——林檎も御座いますよ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「どうだこんなに大きい。内紫というそうだ。昨日一つやってみたところ、なるほど皮の下は紫で美しい。味も夏蜜柑の比でないよ。」
廃める (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
づつみの鹽煎餅と、夏蜜柑つて、立寄つて、ぜずめたがある。は、のあはれと、ぐんだ——かるゝ。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)