露宿ろしゅく
二日の眞夜中——せめて、たゞ夜の明くるばかりをと、一時千秋の思で待つ——三日の午前三時、半ばならんとする時であつた。…… 殆ど、五分置き六分置きに搖返す地震を恐れ、また火を避け、はかなく燒出された人々などが、おもひおもひに、急難、危厄を逃げ …
作品に特徴的な語句
をさない なとこ なえ かゞ さま くはし 三歳みツつ きつ はつ 穿ばき かうべ がけ おほき 所業なすわざ 四歳よツつ ふん がはら じふ ずき ふせ 折曲をりまが ちま 穿はき 一寸いつすん おほい 千住せんぢう うへ 不可いけね 正午しやうご ざう きう 少女せうぢよ さう 居合ゐあ まへ さいは 如何いかゞ じつ かは すゞ しま 厚意こゝろざし しも 接吻キツス かは ざを おごそか くれなゐ 突立つツた ざう わづか 群集ぐんしふ ちゝ 苦笑くせう 千秋せんしう 烈風れつぷう さう しを 洋傘パラソル いはん 可笑をかし 此方こつち へう さま ことば しゆ 書籍しよせき をど いへ あひだ とざ さい あるひ しよ なん 一幹いつかん さゝ とほ おもひ をんな ひゞき あづか そつ 中天ちうてん 影向やうがう すく じつ 辿たゞよ 一滴いつてき 寂然しん ちひ はう