“一幹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひともと60.0%
ヒトモト20.0%
いっかん6.7%
いつかん6.7%
ひとみき6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お銀様は月に乗じて、この平野の間を限りなく歩み歩んで行くと、野原の中に、一幹ひともとの花の木があって、白い花をつけて馥郁ふくいくたる香りを放っている。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ところで、わたしたちのまち中央まんなかはさんで、大銀杏おほいてふ一樹ひときと、それから、ぽぷらの大木たいぼく一幹ひともとある。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
お豊はちょっと当惑したが、すぐに気のついたのは、弁財天の祠の土台のところから根を張って、ほとんど樹身の三分の二を水の方へさし出した一幹ひともとの柳でありました。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
七兵衛は池尻の松の大樹の林の中を鍬を提げて歩いて行き、一幹ひともとの木ぶり面白い老樹の下に立って、いきなり鍬を芝生の上へ投げ出すと、その松の根方に腰をおろしました。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
米友が「あっ!」と舌を捲いたのは、存外平凡な光景なので、この堀の湾入の行きどまるところに、ふり、形の面白い一幹ひともとの松があって、その下に人間が一人いたからです。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
水底ミナゾコ水漬ミヅく白玉なる郎女の身は、やがて又、一幹ヒトモトの白い珊瑚サンゴである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
水底ミナゾコ水漬ミヅく白玉なる郎女の身は、やがて又、一幹ヒトモトの白い珊瑚のである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
水底ミナゾコ水漬ミヅく白玉なる郎女の身は、やがて又、一幹ヒトモトの白い珊瑚のである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
舞台はいま、うしろにえがいてある一幹いっかん老松ろうしょうのほか、何もない空間となった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土手どてまつの、一樹いちじゆ一幹いつかん啊呍あうんひぢつて突立つツたつた、あかき、くろき、あをおにえた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
外は昼間よりもよく見えるのである。伝七郎の影は三十三間堂の下から約百歩ほど離れて、背のたかい一幹ひとみきの松の根かたに足場を踏みしめ、武蔵のすがたが見えるのを、いまやおそしと待ち構えているのだ。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)