“桜餅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さくらもち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は母のためならば、如何どんな寒い日にも、竹屋たけやの渡しを渡って、江戸名物の桜餅さくらもちを買って来ましょう。
監獄署の裏 (新字新仮名) / 永井荷風(著)