“年賀状”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねんがじょう50.0%
ねんがじやう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たくさんの年賀状に、にきたのが二あった。川田西山からだ。学校で、いちばんしい二人なのだ。なぜ、いてさなかったろう。
ある少年の正月の日記 (新字新仮名) / 小川未明(著)
明日から、学校だ。また、予習もはじまる。いにしっかりやろう。橋本先生は、たちのために、いつもおそくまでっていてくださる。あ、先生に、年賀状をあげるのをれた。
ある少年の正月の日記 (新字新仮名) / 小川未明(著)
A 馬鹿つちやいかん。統計神聖だ。勝手算出してるもんか。それよりか今度年賀状趣向せてやらう。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)