“宝船”の読み方と例文
読み方割合
たからぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御神酒徳利に差す飾り物で、竹を縦に細かく裂いて、平たく模様風に結んだものであります。よく宝船宝珠玉などを現しますが、巧みな技なのに驚きます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
毎年このは、お宝船や、餅玉びつける小判をこうしてってくのでありました。
金銀小判 (新字新仮名) / 小川未明(著)
来たるべき一年間の出来事をするためか、あるいはまた過ぎた年の厄払いのためか、正月の二日に、宝船の下に敷き、めでたき初夢を結ぶことは、わが国古来の習俗で
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)