手仕事の日本てしごとのにほん
この一冊は戦時中に書かれました。記してある内容は大体昭和十五年前後の日本の手仕事の現状を述べたものであります。戦争はおそらく多くの崩壊を手仕事の上に齎らしたと思います。それ故私がここに記録したものの中 …
作品に特徴的な語句
活々いきいき 薩摩さつま 無駄むだ 牡蠣かき 美濃みの 燭台しょくだい 棕櫚しゅろ どんぶり いそ たが 越後えちご 駿河するが かんな 陸奥むつ もと 出雲いずも 囲炉裏いろり 唐桟とうざん 博多はかた 螺鈿らでん 下野しもつけ 伊勢いせ 伊豆いず 足利あしかが 上総かずさ あかね 和泉いずみ 秩父ちちぶ 結城ゆうき たで 野良のら 小倉こくら 惜気おしげ 看板かんばん 紺絣こんがすり 釣竿つりざお 籠手こて 裳裾もすそ 馬子まご 亜細亜アジア はく 半襟はんえり 筑波つくば 筑紫ちくし 息吹いぶき 叡智えいち 越前えちぜん 緋鯉ひごい 象嵌ぞうがん 咀嚼そしゃく 将棋しょうぎ かめ 山車だし さん へい かき 張子はりこ 硯箱すずりばこ 定紋じょうもん 花弁かべん 茅葺かやぶき 伯耆ほうき 紙鳶たこ 書肆しょし 海鼠なまこ 厨子ずし ふるい 尾張おわり 山内やまのうち 石見いわみ 美作みまさか 木魚もくぎょ 蒸籠せいろう 四隅よすみ 町家まちや 結縁けちえん はま 手甲てこう 湯呑ゆのみ しゃく 土佐とさ 金箔きんぱく 堅牢けんろう 小田原おだわら 突如とつじょ 羽二重はぶたえ 鼻緒はなお かつお そむ 挿絵さしえ びょう 尚更なおさら 鍛冶かじ 三河みかわ 山城やましろ 武蔵むさし 紺屋こんや