手仕事の日本てしごとのにほん
この一冊は戦時中に書かれました。記してある内容は大体昭和十五年前後の日本の手仕事の現状を述べたものであります。戦争はおそらく多くの崩壊を手仕事の上に齎らしたと思います。それ故私がここに記録したものの中には、終戦後の今日では、既に過去のものと …
作品に特徴的な語句
ふるい 端折つまおり ぶな おわり たん ざか まじわ おろそか 三重みつがさ うわ とどま ほと おとの うしろ かおり たて はず しっ 上野あがの ぎょう しも 出入ではいり むずか ちん とま あきらか ことな 吾妻あつま つらな ざい うる おしえ ただ ほど 小布こぎぬ こうむ あたたか いぐさ 下端したは ぼうき いろどり おく 御所ごぜ とど たずさわ うる ちぢみ やさ 古裂ふるぎれ 釉薬くすり かさな 吾妻あがつま かまびす ちな 在家ざいか もとづ ぬり はず 大谷おおや おとな つの おお うつろ 出立いでたち 引出ひきだし うしろ 八尾やつお 手書てがき おのず 手結てゆい 雪踏ゆきぶみ そうら こし とら あらわ きた よこ 線描せんがき かえりみ 飯鉢はんばち しぼり あい そめ しっか 柳生やなぎう 福田ふくで こまか しな まご おも がま あざやか あが ながし