“飯鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めしばち70.0%
おはち20.0%
はんばち10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
各自がから持って来た盛相飯にして、真中に置いた五入りぐらいな飯鉢の中にある団子を指でんで旨そうに喫いだした。団子は煮た黒い黍団子であった。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
次の部屋の真中で、盆に向って、飯鉢と茶の土瓶を引寄せて、此方を頼りにして、幼子が独り飯食う秋の暮、という形で、っ込んでいた、雛妓
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その他肥前の窯場として、注意すべきは白石鉛釉の陶器や、黒牟田の品であります。前者の土鍋は多彩で美しく、飯鉢にもよいのがあります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)