“練”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
74.1%
ねり13.6%
きた3.7%
3.7%
ねりぎぬ2.5%
1.2%
れん1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よもやこの人々が余の詩想を洞見しはしまいが、たださえ人の注視をわれ一人に集めて往来をって行くのはきまりがるいのに
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
の二ツ小袖の上に、白絹に墨絵で蝶をかいた鎧直垂は着ているけれども、甲冑はつけていない、薄青い絹で例の法体の頭から面をつつんでいる。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
先祖以来、田螺つくにえた口も、さて、がっくりと参ったわ。おで舌の根がんだ。だがよ、振放して素飛ばいたまでの事だ。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
祭礼りものには、車をつけて牽くものと、肩に載せてくものとの二通りあるが、一般に高く聳やかして、皆神々の注視を惹かうとするが、中には神輿の形式を採り入れて
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
朝野僉載』に、徳州刺史張訥之の馬、色白くてのごとし、年八十に余りて極めて肥健に、脚く確かだったとある。
「しかしあまり人通りの多い所ではエー……アノーまだれませんから」とようやく一方の活路を開くや否や「いえ、あの辺の道路は実に閑静なものですよ」
自転車日記 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「誰にも言ふな、——ところでお前は御苦勞だが、本所に世帶を持つてゐるといふ、この家の惣領の太郎のところへ行つて見てくれないか」