“練兵場”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんぺいじょう62.5%
れんぺいば37.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身を投じた紫玉の助かつて居たのは、霊沢金水の、巌窟の奥である。うしろは五十万坪とふる練兵場
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
寺林というのは今は練兵場の北のはじになっていますが野原の中でいちばん奇麗でした。
二人の役人 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
練兵場で新兵が叱られている。身を投げている。人を殺している。藤尾のさんと宗近君は叡山に登っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
練兵場の横を通るとき、重い雲が西で切れて、梅雨には珍らしい夕陽が、真赤になって広い原一面を照らしていた。それが向うを行く車の輪にって、輪が回る度に鋼鉄の如く光った。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)