“練馬”の読み方と例文
読み方割合
ねりま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男の車は池袋から豊島園をすぎて、練馬区の畑の中へはいっていきました。もうそのころは、日がくれて、あたりはまっくらでした。
電人M (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
その晩親仁の松蔵が練馬へ行くはずだから、疑いは万に一つも親仁へ懸るはずはないと思い込み、犬まで殺して仕事に取りかかったが
「もうに、練馬の、豊島園の裏へつくったへ越すので『女人芸術』のと、あなたのとのをこしらえてあげたいって。」
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)