江木欣々女史えぎきんきんじょし
大正五年の三月二日、あたしは神田淡路町の江木家の古風な黒い門をくぐっていた。 旧幕の、武家邸の門を、そのままであろうと思われる黒い門は、それより二十年も前からわたしは見馴れているのだった。わたしは日本橋区の通油町というところから神田小川町の …
作品に特徴的な語句
養母やしないおや だい 彼女ひと うみ 招待まねき げん 客間へや 実母ひと じき たべ 室内へやのなか ずそ 上履スリッパ 高台たかみ きら 被衣ひふ なく 目立めだた とど おも いで なく 女性ひと 姉妹はらから しに 明日みょうにち こし さか ベル あに いいえ おお にぎわ 宝石たま 記念しるし 夫人おくさま 一幅いっぷく つま 盛時さかり 横道おうどう 権力ちから 果敢はかな そう やみ 暖炉ストーブ 明日あした あか しま 手提てさ 縊死くびくくり のち 形骸かたち かお ちゅう 宝石いし いや 姿態ポーズ 見聞みきき おぼ ひと よる たず うたい 鰹節かつぶし はん 半分なかば 仕舞しまい かた 半玉おしゃく めし せき 低地ひくち 参詣まいり ひも きら 雲州うんしゅう 篆刻てんこく 箏爪ことづめ こと 鞘形さやがた 突然いきなり むち 稽古けいこ 磯村いそむら 現今いま 盛花もりばな 痛手いたで 生田いくた 一個ひとつ つづみ