“客間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
サロン47.1%
きやくま17.6%
きゃくま11.8%
サルーン5.9%
パーラー5.9%
ザラ2.9%
きゃくのま2.9%
へや2.9%
パアラア2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日曜の午後二時、男爵邸の小客間に集った青年達は、男爵を中心に、無駄話の花を咲かせて、長閑な春の日の午後を過して居ります。
判官三郎の正体 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
の門を這入ると、客間でピアノのがした。代助は一寸砂利のに立ちつたが、すぐ左へ切れて勝手の方へ廻つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ふしんに思ったが、倉皇客間へとおした。そこで、ってみた一学という人は、なるほど、温雅京風なよそおいをした、りっぱな人物であった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて、淫書の扉がひらくと、濛々とした紫煙のなかの客間から、現実の微細な享楽地帯が眼前にパノラマのようにあらわれた。
大阪万華鏡 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
われわれの客間の言葉そのものがすべてのその活力をうしなってまったくお愛想に堕落してしまうのではないかと思われ、われわれの生活はその象徴からそんなに遠方を通り去り
客間の壁には先祖の肖像画が、何枚も壁に並んでゐる、——その肖像画の一つの下に、トルストイはへ向ひながら、郵便物に眼を通してゐた。
山鴫 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
主人は私を出したにてぐに客間へ忍び入り源次郎と槍試合をして、源次郎の手に掛り、最後をすると認めてありました書置の通りに、に主人は其の晩果敢なくおなりなされました
客間の装飾は、日本、支那、西洋と、とりあつめて、しかも破綻のない、好みであった、室のには、時代の紫檀の四尺もあろうかと思われる高脚に、木蓮木瓜椿
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
帳場わきの客間の椅子に、重い腰を下ろして、朝から晩まで、黒い細長い葉巻を吹かしている。安葡萄酒の壜を引きつけて、魚が水を飲むように、あおり続けている。
ロウモン街の自殺ホテル (新字新仮名) / 牧逸馬(著)