判官三郎の正体ほうがんさぶろうのしょうたい
「泥棒の肩を持つのは穏かではないな」 唐船男爵は、心持その上品な顔をひそめて、やや胡麻塩になりかけた髭に、葉巻の煙を這わせました。 日曜の午後二時、男爵邸の小客間に集った青年達は、男爵を中心に、無駄話の花を咲かせて、長閑な春の日の午後を過し …
作品に特徴的な語句
じっ うつろ ドーア いわ うずく いで こお あわただ かえ かけ みん 退 亢奮かうふん わずか かじ 塵埃じんあい 姿態ポーズ こび ひさし こら 抽斗ひきだ 損傷きず 教授プロフェッサー しば しし 眺望ちょうぼう はぎ 一寸ちょっと 丁度ちょうど なが 仕悪しにく おっ 仲違なかたが 何処どこ 何時いつ 先刻さっき 冗弁じょうだん およ 口吻くちぶり 可笑おか 呑気のんき 唐船からふね とら おびただ 太息といき 如何いか よろ 客間サロン 家扶かふ 小倅こせがれ 小匙こさじ もっと 岩魚いわな 引吊ひきつ 微塵みじん 必死ひっし せわ 情景シーン 成程なるほど ほう かつ 早業はやわざ 本藤もとふじ 椅子いす 此頃このごろ 沢山たくさん 深山みやま 満更まんざら 犇々ひしひし 生地きじ 生捕いけど 田舎いなか そう 矢張やは 硝子ガラス わたし ほど 窮命きゅうめい 絨毯じゅうたん 背負しょ 良人おっと 苛辣からつ ねら 許嫁いいなずけ したた 貴方あなた 身体からだ やしき 長閑のどか