判官三郎の正体ほうがんさぶろうのしょうたい
「泥棒の肩を持つのは穏かではないな」 唐船男爵は、心持その上品な顔をひそめて、やや胡麻塩になりかけた髭に、葉巻の煙を這わせました。 日曜の午後二時、男爵邸の小客間に集った青年達は、男爵を中心に、無駄話 …