“仕悪”の読み方と例文
旧字:仕惡
読み方割合
しにく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
訳を云ひて頼めども聞かぬゆゑ、しのためにぬきし刀にて、誤り殺すと云ふ仕悪き仕草をも、充分にこなしたり。この役はこの人の外やつて見る人もあるまじ。
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)
「それで……どうも弱ったな、君のように冷たい顔をして居ると、話が仕悪くてしようが無い……」
判官三郎の正体 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
ドシ/\雨の降ってる最中に可愛い情夫を出してやるは、何うも人情仕悪いものでございますんで、お若さんは頻りに止めますから、伊之助もそれではと小歇になるまで見合すことにいたし