“小倅”の読み方と例文
読み方割合
こせがれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その手は食わん、金箱というのは、茂太とやら茂太とやらいう小倅のことではない、そのほかに確かに見届けたものがあるのじゃ。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
押し返してねだるように願うと、忠利が立腹して、「小倅、勝手にうせおれ」と叫んだ。数馬はそのとき十六歳である。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
青年たちは二十五六が大将株で、十七八の小倅まで、背広にクワエ煙草というアンチャンの方式通りの姿であった。
淪落の青春 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)