“きゃくのま”の漢字の書き方と例文
語句割合
客間100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人は私を出したにてぐに客間へ忍び入り源次郎と槍試合をして、源次郎の手に掛り、最後をすると認めてありました書置の通りに、に主人は其の晩果敢なくおなりなされました