山鴫やましぎ
千八百八十年五月何日かの日暮れ方である。二年ぶりにヤスナヤ・ポリヤナを訪れた Ivan Turgenyef は主の Tolstoi 伯爵と一しよに、ヴアロンカ川の向うの雑木林へ、山鴫を打ちに出かけて行つた。 鴫打ちの一行には、この二人の翁の …
作品に特徴的な語句
かが 蹌踉さうらう 客間ザラ しはが テエブル 火酒ウオツカ 白楊はくやう はふ まばら ごと 平生ふだん 夕暗ゆふや そびや あざやか 直截ちよくせつ いまだ ほとんど 湯沸サモワル あた 蝋燭らふそく おもむろ ろう 白墨チヨオク あるじ 尻尾しつぽ くは 宵暗よひやみ 遠近をちこち ひは さへづ 呆気あつけ かつ 卓子テエブル けり うかが にしん ますます 白髪しらが 髯深ひげぶか 鴫打しぎう 黙然もくねん がん むらが おきな たくま 面憎つらにく はら 苛立いらだ もや 覚束おぼつか ひらめ 辿たど 山鴫やましぎ しばしば 屍骸しがい 少時しばらく はじめ 嘲笑あざわら 巴里パリ 和睦わぼく つぶや 其処そこ 何処どこ たたず 今朝けさ 仄暗ほのぐら 無骨ぶこつ 火照ほて 気色けしき 残曛ざんくん 枝垂しだ 昨夜ゆうべ 犀利さいり こぶし ものう いよいよ 情無なさけな ゆる 心算つもり 年嵩としかさ